葉の上にある白い薬の瓶

日本では若い世代の男女の間でクラミジア感染者が増えているので、性的に活発な人であれば病気をうつされるリスクがあります。性器クラミジアが重症化すると長期間にわたり入院治療が必要になりますが、潜伏期間や初期症状の段階で見つけて治療をすれば飲み薬だけで簡単に治療することができます。

病院や診療所で受診して性器クラミジア感染症と診断された場合は、ジスロマック(アジスロマイシン錠)が処方されます。この薬はクラミジアに対して高い治療効果を持ち、副作用が少ないという特徴があります。ジスロマックは医療用医薬品に指定されているので、日本国内では医師の処方箋がないと購入することができません。病院に行かないで自分でクラミジアを治療する場合は、個人輸入通販サイトを利用して海外で販売されているジスロマックやジェネリック医薬品のアジーを購入する方法があります。実際にアジーを海外から個人輸入して、クラミジアの治療に使用している日本人もたくさんいます。

クラミジアは潜伏期間が長い上に発症初期には強い痛みなどの明確な自覚症状が出にくいので、重症化するまで気づかないケースが少なくありません。重症化させてしまうと治療期間が長くなってしまうので、潜伏期間または初期の段階で薬を飲んで治すことが大切です。クラミジア感染に備えて、性交前にアジーを服用して病気を予防する方法があります。もしも本当にクラミジアに感染してしまった場合は、無症状の潜伏期間中にアジーを服用すれば発症を防ぐ効果が期待できます。

病気に罹っていることを確認していないのに、薬を飲んで予防することに対して抵抗を感じる方がいるかもしれません。性器などに何らかの異常を感じた場合に病院で診察を受けると、検査が実施されます。検査結果が出るまでの間に症状が悪化する恐れがあると判断されると、予備的に抗菌薬が投与される場合があります。予防や早期治療を目的として抗菌薬を服用する方法は医療機関でも実施されているので、クラミジアに感染した疑いがある時にアジーを服用すると予防効果が期待できます。

細菌やウイルス感染症は、病原体の数が少ない初期の段階で薬を服用した方が治療の成功率が高くなります。このため、クラミジアの予防や早期治療のためにアジーを備えておくと安心です。ちなみにアジーは錠剤タイプの飲み薬で使用期限は常温で製造後2年と長いので、数回分をまとめ買いして常備しておくことができます。アジーは日本国内で購入することができませんが、個人輸入通販サイトを利用して海外から取り寄せる方法で入手することが可能です。